So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事のこと ブログトップ

農作業ができずイライラ! [仕事のこと]

 年を食うと筋肉・関節が衰え、ちょっとした負荷が掛かっただけでも、それに耐えられず、炎症を起こし、痛むようになる。
 ところが、四十肩は40歳から付き合っているが、こちらはここ1、2年軽くなっているから不思議なものだ。
 今回は右手首の炎症であるが、過去に患った筋肉・関節の炎症を日記から紐解いてみた。
 2012.9.6&2013.6.14 あばら骨の打撲(64歳)
  これは、胸をフェンスなどに強く押し付けたがために骨が痛くなったものである。完治するのに何か月も掛かった。2回もやったから、その後は気をつけている。
 2014.7.30 右足首の軽い捻挫(65歳)
 これは、当店新聞・チラシのポスティングを自転車で行うに当たり、乗ったり降りたりを繰り返し、そのとき何度も右足で地面を蹴るから、急いでいるときは強く蹴って右足首に負荷が掛かりすぎ、足首を痛めるのである。
 これは、50歳前後に幾度か既に経験しており、地面を強く蹴らないようにしてきたが、今回、ほんのちょっと気が焦ったのであろう、足首に鈍痛がするようになり、これも完治にかなりの日数を要した。
 2014.10.18 上腕の筋肉痛(66歳)
 これは、上腕筋肉の軽い肉離れであるが、原因不明である。これも完治に数か月を要した。
 2015.1.4 右手人差し指の打撲(66歳)
 テントをたたむときにパイプで指先が強く挟まったもので、腫れあがるほどになった。指先が曲がってしまったのはいいとして、一年経っても指に力が掛かると鈍痛がする。
 今回=2015.12.6 右手首の炎症(67歳)
 休耕田に半分残っていたコスモスや雑草の引き抜きや刈り取りを鎌を使って2時間ほどけっこう力任せに作業したところ、手首に炎症が起き、翌日以降、開店時に重いシャッターを上げるときに痛むし、鋏を力を入れて握ったときも痛む。これは日にち薬でそのうち治るだろうと高を括っていたが、どれだけかよくなったもののいまだ完治しない。

 それがために、1月中下旬に予定していた農作業、それは切り株の掘り起こしと果樹の剪定であるが、これができない。
 ここは諦めて手首が完治するのを気長に待てばいいのだが、それが分かっていても、気分は落ち着きを忘れている。
 こうなると、物事は何もかも悪い方へ悪い方へ考えてしまう。
 宗教法人の登記事務手続きという余分な仕事を片づけねばならぬが、どこから手を付けたらいいんだ。
 前年の決算を打とうにも請求書が1箇所まだ来てないから事務処理が思うように進まないじゃないか。
 女房が風邪を引いてガラガラ声だから、ここ何日か客や電話の応対は全部一人でせねばならず、これじゃ何もできないではないか。
 寒波が居座って外仕事がストップさせられ、日にちだけが経っていくぞ。
 あーあっ、やってられない。
 腹がたつ、腹がたつ、腹がたつ。
 
 ここまで書き綴って、少し冷静になれました。
 「なるようにしかならん」のである。もし農作業が1か月遅れたら何か取り返しのつかない問題でも起きるの? 別にどってことないわ、である。
 暇な時間ができたのから、今回のような外傷を二度と負わないよう、軽作業で百姓できる方法をあれこれ勉強すればいいのである。
 よし、そうしよう!

どうしようもない本を買ってしまった [仕事のこと]

 経験は物を言う。数え年70歳になった小生は、まだ若輩者ではあろうが、それでも、やはり経験の重みを感じており、それが自信につながる。
 さて、ある高名な医師の食事健康法をいつか買って読もうと思っていたのだが、それが延び延びになり、やっと先日買うことができた。経験豊富なベテランの医師であり、得るものが多かろうと期待し、早速読むことにした。
 例によって、ざっと読む。200ページ弱だから1時間で読めてしまった。それも、最初から赤の蛍光ペンや赤ボールペン(これはおかしい、間違っているという印)を幾箇所も引いてしまった。いつもなら、何も書き込みしないで、2回目にじっくり読むときに、蛍光ペン3色で色分けしながら書き込むのだが、今回は違った。
 一回り読み終えて、“どうしようもない本を買ってしまったなあ。こんな本は何の役にも立たん。捨ててしまおう。”と一瞬思った。加えて、その高名な医師が著者かと思いきや、いやいや単に監修しているだけで、著者は“お抱え出版社”のように思える会社となっている。こういう手抜き法もあるのだ。初めて知った。
 まあ、その方は、本が発行されたときに76歳にはなっておられ、お忙しい方だから止むを得ないかもしれないが、ちゃんとチェックしろよ、と言いたい。もっとも、ご本人が“これは正しいのだ!”と思い込んでおられるかもしれないが。
 加えて、1つの文章は内部矛盾を起こしていて、意味が通じない。編集者2人の氏名が書かれているが、何をやってるんだ、と言いたい。
 いつもだったら、“こんなどうしようもない本は捨ててしまおう”となるのだが、ちょっと待て、である。
 先日、ある新聞で、名前は忘れてしまったが、経験豊富な文筆家が次のようなことをおっしゃっていた。
 「この世には、どうしようもない本はないが、どうしようもない読み手はいる」
 となると、小生は「どうしようもない読み手」となってしまうから、本は捨ててはならぬ、もう1回り熟読しよう、と読み始めた。そして、黄色の蛍光ペン(これは面白い、初耳だ)を幾箇所か塗った。
 経験豊富な方が監修されているから、黄色の蛍光ペンを塗った箇所は間違いなかろうと思うも、裏を取らねばと、初耳の箇所についてネット検索を重ねたが、“これは早とちりだ。ピントがずれており、間違いだ。”となってしまった。
 これじゃあ、やっぱり“どうしようもない”、弱った弱った。
仕事のこと ブログトップ