So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

11.23 火消し人・おふくろ [おふくろ]

 昨日・今日・明日と穏やかな天気に恵まれるとの天気予報であるから、昨日、2か所の田で野焼きを行った。ナスやピーマンの残骸、柳の枝落としや庭木の剪定ゴミ、枯れた草花や雑草といったものである。
 自宅から離れた田はマイペースで野焼きができ、今日はまだ燃え残りがくすぶっているであろうから1日放置し、明日には完全に燃えつくした灰を畑に撒けばよい。これはいつもどおり順調に事が運ぶ。
 ところで、自宅前の休耕田が問題である。野焼きしていると、95歳にもなるおふくろだが、ちゃんとかぎつけて、飛び火を恐れたり、燃え残りで放火をされはしないか、などなど心配事をあれこれ探し出し、ちゃちを入れる。
 昨日もそうだ。2か所を掛け持ちで野焼きしていたから、離れた田へ燃え残りが燃えやすいように手を入れようとちょっと行っていたら、その間に野焼き場を突いて広げ、早く燃え尽きさせようとしていた。
 耳の遠いおふくろに“まだやりかけだ。広げるな。代われ。”と言って火かき棒を取り上げねばならぬ。おふくろが余計なことをするから、手間がかかってしかたがない。
 それ以上の問題は、おふくろは夕方には水をかけて消したがることだ。
 そこで、“水は絶対にかけるな。灰にして畑に撒くから。何もするな。”と言うと、“分かった。水はかけぇへん。”との返事。
 これも、怪しい。昨年がそうであった。色よい返事をしながら、夕方には隣の従兄弟に命じて水をかけさせてしまった。よって、燃え残りはあるわ、灰の搬出に苦労させられるわで往生した。
 幸い、これはしなかったから助かったが、10時頃に店から自宅へ行ってみると、大きくかき広げられてしまっていた。朝方やったのだろう。おふくろは早く鎮火させようと考えたのだ。無風なのに。
 案じたとおり燃え残りがけっこうあり、できた灰と混ざってしまっている。
 “何でかき広げた。あれでは灰を畑に撒けんわ。”と言うも、“何やて?”と聞こえない素振り。もう一度言うと、だんまりを決め込む。
 まだ熱い灰が少々あったので、小山に作り直し、今日1日燻すことにしたが、これは気休めにしか過ぎず、燃え尽きることはなかろう。
 明日の午前中に灰をかき集め、箱詰めして離れた畑へ持って行き、畑全体に施肥したいのだが、燃え残りや炭になったものが多いだろうから、かさばるし、撒きにくいし、実に弱ったものである。
 おふくろの農法は、灰は使わず化学肥料(種粕とのブレンド)だけであるから、小生こだわりの有機農法(化成肥料は使わず)への理解も全く示さない。
 おふくろは“肥料代がかかりすぎる”と難くせを付けるだけ。
 小生が行なう灰づくりの邪魔を楽しんでいるようにしか思えない“火消し人・おふくろ”である。
(12月8日追記)
 今日も野焼きを行った。朝行い、昼過ぎに離れた畑へ2時間ほど行っていたら、少々風が出てきた。ひょっとすると、燃え残りのくすぶりに、おふくろが水をかけやしないか、心配になった。自宅へ戻ると、案の定、しっかり水をかけられ、灰がベトベト。
 鶏冠にくるー!!
 

10.24 何で高速道路への誘導標識がないんだ! [公共]

 10月20、21日と1泊2日で山中温泉へ行ってきた。以前に、その下にある山代温泉へ行ったことがあり、往きは北陸自動車道の加賀ICから入った。宿に置いてあるパンフレットを見ると、最寄のICはもう一つ福井北ICが表示されている。
 チェックアウトのとき、フロントで敦賀に向かうにはどちらのICから入れば早いか聞いたところ、福井北ICとのこと。
 そこで、一山超えて福井北ICを目指すことにした。
 小生の車にはナビは付いていない。大雑把な方向感覚と道路案内標識に従えばほとんど間違いなく到着できるからだ。
 途中、丸岡ICへの誘導標識があったが、高速道路とは随分離れている感がし、これは無視して先へ進む。
 福井平野らしき所へ出て、そろそろ福井北ICへの誘導標識があってもよさそうと、助手席の女房と2人で見落とさないよう注意して車を進める。
 そして、福井県立大学の際を通る。“へえー、小さな県だが福井には県立大学があるんだ”と女房と感心しながら、南進するも依然として誘導標識は見つからない。途中で右に曲がったり左に曲がったりしながら南へどんどん進み、福井市は過ぎた感がした。次のICはどこか知らないが、道路案内標識に直進は鯖江市とあり、鯖江市には確か鯖江ICがあるはずだから誘導標識がそのうち見つかるだろうと、随分と時間をかけて走り続け、やっと鯖江ICへの誘導標識を見つけ、ほどなくして北陸自動車道に上がった。
 少なくとも30分はロスしたであろう。通ったことのない道を選ばずに、加賀ICへ戻る道を選べば良かったのに…である。
 ここまでのことは、別に腹がたつことではない。
 今朝、当店の開店時刻まで時間があったので、3日前に通った道と福井北ICの位置関係をネットの地図検索で見てみた。
 そしたらどうだ、福井県立大学の直ぐ近くに福井北ICがあるではないか! なんで誘導標識がないんだ!
 これには頭にきた。
 まだある。そこから南進したら福井ICもある。でも、その誘導標識もなかった。いいかげんにせえ!である。
 その間、道路案内標識は幾つもあったが、ICへの誘導表示をしないとは、どういうことだ!
 まだ他にも腹立ちがある。北陸自動車道に乗るのが大幅に遅れたので、その後の予定も順次遅れ、帰りに岐阜市内で買い物をしたかったのだが、暗くなって道を間違えてしまい、大回りになるからと買い物をあきらめざるを得なかった。明るけりゃ、道を間違えなかったものを、である。
 こうして次から次へと憤懣やるかたない気分にさせられてしまった、開店前の今。
 これじゃ、今日1日、面白くない顔で店頭に立つことになり、ますます腹が立つ!
(1時間後に追記)
 こうして書きなぐってしまうと、胸がスーッとして、怒りも納まりますね。やっぱり腹が立ったときは“腹たち日記”なるものに怒りを乗り移らせるにかぎります。

怒りは「紙に書いて」しっかり解消しよう [きっかけ]

 別立てブログ「薬屋のおやじのボヤキ」で、表題の記事を本日投稿しました。
 怒りにしろ何にしろ嫌なことは早く忘れるに限ります。その一番の方法は「紙に書く」ことだと教えられました。それを教えてくださったのが、「みやざき中央新聞」編集部の西畑良俊さん。(2013年9月16日号の「取材ノート」の記事)
 詳しくは、下記の記事をご覧ください。

    クリック ⇒ 怒りは「紙に書いて」しっかり解消しよう

 小生とて、腹が立つことは度々あります。そうしたときは、このブログに殴り書きして(キーボードが壊れるぐらいに強く叩いて)ストレスを発散することにします。
 ただし、これを読まれる方はたまったものではないでしょうから、公開記事は頭の部分に止め、その続きは非公開記事とさせていただきます。

- | 次の10件