So-net無料ブログ作成

あれこれ地元の役をやらされてかなわん [公共]

 田舎に住んでいると、昔からのしきたりで何かと役が多い。
 今仰せつかっている役は、神社総代と農協の総代である。前者はあと2年、後者は3年ある。
 これだけで十分であるのに、来年はお寺の当番がくる。それも当番長を勤めさせられるはめになった。当番は数年に1回回ってくるが、当番長は今までに2回させられ、今回は別の人になってもらおうと画策するも、固辞されてしまい、小生が三度当番長をさせられるはめに。
 いいかげん嫌になる。当番は9人だが、大半の人はやる気ゼロだから、情けなくもなる。
 他には、お墓管理組合の当番が、ここ2、3年のうちに回ってくるだろうが、これは単なる使役だから、たいしたことはないものの、組合長なり会計をさせられそうな雲行きだ。まあ、これは受けざるを得ないだろうが、パスできるものならパスしたいものだ。
 そして、来年あたりには任期2年の老人クラブの会長が回ってきそう。一昨年に打診があったが、そんなに早くやると、あとがいなくて困ると断った。なんせ小生の1年年上は何人もいて、過半の人が会長をやっておらず、小生の同級生はいないし、その下となると3年下に1人といったあんばいだから、後が続かないのである。話を持ってきた人も理解して、1年年上の方が着任したが、来年の今頃に再び話が来るかもしれぬ。
 ああ、うんざり。
 その点、百姓組合はいい。だれもが公平に組合長や班長を勤めるようにローテーションが組まれている。数年に1回班長をやり、20年ぐらいに1回組合長となる。後任を探す努力はせずに済み、助かる。何といっても一番大変なのは、後任者を決めることゆえ。

コメント(0)